「サマナーズウォー」とは


開発 Com2us ( カムツス )
プラットフォーム Android / iPhone
発売日 2014年4月14日
ジャンル ロールプレイングゲーム
対象 15歳以上のユーザー

「サマナーズウォー」は韓国に本社を置くモバイルゲーム開発会社「Com2us(カムツス)」が開発・運営をしているAndroid/iPhone用ゲーム。2014年4月17日にサービスが開始され、「2014年大韓民国ゲーム大賞」で優秀賞と技術創作賞(企画/シナリオ部門)の二部門で受賞している (ちなみに2014年度の最優秀賞は「Icarus Online」)。

ゲームシステムは一般的なソーシャルゲームと同様で、課金をすることで強力なモンスターを召喚できる可能性がある(いわゆるガチャが登場する)点も同様である。
ゲームではグラフィックスが優れており難易度も絶妙で、ユーザの段階分けが適切にされているため(後述する確率の問題があり)初心者から中・上級者まで同じように楽しむことができる。
登場するモンスターは3頭身にデフォルメされたかわいらしいキャラクターで性別・国籍・年齢層を問わず幅広い人気がある。

攻略に関しては「サマナーズウォー初心者ガイド」も合わせて御覧ください。


「サマナーズウォー」は国際的にも人気があり評価も高く、日本語版だけでなく各言語により別々なタイトル画面が存在する。ここでは一部を紹介する。

タイトル画面の左側には、左奥からアイリーン(風フェアリー)風キメラミハエル(光シルフィード)火ヴァンパイアベラデオン(光イヌガミ)が並び、画面の右側には、右奥からザイロス(火ドラゴン)ララ(火ハウル)ハン(闇忍者)ダゴル(風ベアマン)風ヴァルキリールーカン(風サラマンダー)光サキュバスが並ぶ。

サマナーズウォー英語版のタイトル画面
英語版タイトル。とても格好良い。
サマナーズウォー中国語版のタイトル画面
やはり格好良い本家の韓国語版タイトル。
サマナーズウォー韓国語版のタイトル画面
味があって格好良い中国語版タイトル。
サマナーズウォー日本語版のタイトル画面
アレな日本語版タイトル。特に「ウォー」がヒドい。

日本国内外でのサービス展開


サマナーズウォー海外版PVの一場面

各言語版のタイトル画面が示すとおり日本以外にもグローバル展開がされており全6カ国のサーバ(日本、韓国、グローバル、ヨーロッパ、アジア、中国)が稼働中でサービス開始から2年が経った今でも人気がかなり高い。
Youtubeで扱うチャンネルも多く、日本と海外でモンスター評価が異なる場合もかなりある。そのためか、国内で流行しているモンスターと海外で流行しているモンスターが異なっている場合がある。
ただし、ゲーム内システムで言語ごとの違いによる設定等は確認されていない。


ゲーム内のシステム


モンスターの「星数」

モンスターはそのレアリティに応じて「1つ星」から「6つ星」までが存在する。この星の数はモンスターを「進化」させて増やすことが可能である。
モンスターを進化させると、モンスターのレベルの上限がアップし、全体的な能力値が上昇する。そのため、モンスターの評価を話すとき「純5 (生まれたときの星の数が5つ)」「純4 (生まれたときの星の数が4つ)」という言葉を使用している。「純(数字)」で進化を一度もしていないときの星の数を表す。

モンスターの星数

属性

属性

モンスターは5つの属性を持っており、その属性は火、水、風、光、闇である。属性には相性があり、火→風→水→火の矢印の向きの属性のモンスターに対して攻撃をするとより大きなダメージを与えることができる。光と闇は互いに弱点である。
戦闘時に緑色で表示されたら有利で、赤は不利、黄色は同属性である。例えば、火属性のモンスターが水属性のモンスターを攻撃する場合、ダメージが減少してクリティカル発生率が落ち、スキルの効果が入る可能性も落ちる(15%)。弱点相性のモンスターに攻撃される場合は、より大きなダメージを受けてクリティカルがよく、スキルの効果が入ってくる可能性も大きくなる(15%)。 また、ゲーム内のAIは弱点属性のモンスターを優先して攻撃するように設定されている。


召喚

モンスターを召喚する方法は、主に次の10通りである。

未知の召喚書 最も基本的なモンスターを召喚する方法である。シナリオマップや各種ダンジョンで入手することができる。この方法でモンスターを召還するには、マナ300が必要。召還されるモンスターは1〜3つ星の間でのみ出てくる。光、闇モンスターは召喚されない。
レベル30からは一度にマナ3,000を支払って、10体ずつ召喚する機能が追加される。
不思議な召喚書 3〜5つ星で基本3属性(水、火、風)のモンスターのみを召喚することができる召喚。マナ10,000が必要。4つ星以上のモンスターが出てくる場合、雷エフェクトが伴う(通称「バチる」)。
以前は覚醒後の2つ星も出ていたが、パッチ修正により召喚されなくなった。また、同じく覚醒後の3つ星が出てくる場合に雷エフェクトが伴わないないように修正された。
この修正により、雷エフェクトが伴う召喚を純粋に喜べるようになった。
不思議召喚 クリスタル75個を消費して召喚する方法。不思議な召喚書と同じように3〜5星のモンスターのみ召喚される。光、闇モンスターは召喚されない。しかし、クリスタルを750個貯めてショップで販売しているプレミアムパックを買うことが効率的である。
伝説の召喚書 試験の塔100階の報酬、または時々限定販売する伝説の召喚書パッケージを買って召喚することができる。ギルド店でも200ギルドポイントでの破片5個を購入可能で、この場合の破片を100個を集めると召喚可能である。消費マナ50,000そして4-5星モンスターが召喚できて、光/闇モンスターは召喚されない。また、覚醒後の3つ星が4つ星として出ることはない。
(火/水/風/光と闇)の召喚書 名誉ショップで購入可能な火、水、風の召喚書と試験の塔90階の報酬、24日ログインボーナスとして光と闇の召喚書を入手できる。また、ワールドマップで中断するとたまに購入ウィンドウが開いて限定販売をしている。購入制限が1日1回、そして3属性は、5枚ずつであるのに対し、光と闇の召喚書は同じ価格で1枚のみ。属性が決まっているということだけ除けば不思議な召喚書と同じである。
ソーシャル召喚 ソーシャルポイントが100になると、それを消費してソーシャル召喚をすることができる。ソーシャルポイントは、ゲーム内のフレンド一人に一日に20ポイントずつ受け取ることができる。それ以外にもフレンドがあなたのモンスターを使用すると、10ポイントを受けることになる。召喚されるモンスターは、1〜3つ星である。光、闇モンスターは召喚されない。
「モンスター名」の召喚書 秘密ダンジョンの報酬で手に入る召喚書を使用することで召喚する。モンスターの種類は秘密のダンジョンで決まる。ヒーローダンジョンも同じ方式である。ギルドポイント等で購入することもできる。欠片は「万能召喚書の欠片」で最大10個まで補うことができる。必要数は、
星1なら欠片10個
星2なら欠片20個
星3なら欠片40個
星4なら欠片50個
星5なら欠片100個
となる。
特殊召喚 カイロスダンジョンと試験のタワー、ギルドバトルでドロップする特殊召喚石50個を使用してモンスターを召喚する方法である。指定された16匹の3〜5つ星のモンスターの中からランダムに一匹が召喚され、指定したモンスターは、一定の周期で変更される。
万能召喚 「万能召喚書の欠片」は星4以下のモンスター召喚書で不足している分を補うことができる。ただし最大数は10個まで。
例えば、星4モンスターのヒーローダンジョンで40個まで欠片を集め、不足の10個を「万能召喚書の欠片」10個で補うことができる。

覚醒

曜日ごとに登場するカイロスダンジョン内の「属性ダンジョン」と固定で存在する「魔力のダンジョン」で聖水を収集してモンスターを覚醒させることができる。 モンスターを覚醒させると、新しいスキルが使用できるようになったり、強化され能力値が上昇して姿と名前が変わる。
この時、同じ名前のモンスターでも属性が異なると違う名前となる。モンスターを召喚する場合、たまに覚醒済のモンスターが登場する場合があるが、この場合には、星が一つ増やされている。 2つ星のモンスターが覚醒状態で召還されると、3つ星で召喚される。そして、星が灰色のモンスターは覚醒が不可能なモンスターであり、黄色は覚醒が可能なモンスターで、紫色は覚醒済みのモンスターである。 ローディング画面にも出てくるのヒントの通り、進化をしても覚醒材料は変わらない。

覚醒に必要な聖水の数は(何体か例外がいるが)基本的には、
星1は、属性聖水下級 10個、魔力の聖水(下級)5個
星2は、属性聖水下級 20個、魔力の聖水(下級)15個
星3は、属性聖水中級 15個・下級 10個、魔力の聖水中級 10個・下級 5個
星4は、属性聖水上級 10個・中級 20個、魔力の聖水上級 5個・中級 15個
星5は、属性聖水上級 20個・中級 10個、魔力の聖水上級 15個・中級 5個
となっている。


強化

「強化」と「進化」は、強化魔法陣で行うことができる。「強化」を通じてモンスターの経験値を上げることができる。
このとき材料として使われるモンスターごとに上昇する経験値の量が異なり、これは材料のモンスターのレベルと星の数に影響を受ける。 強化にも召喚したときと同様に、一定の確率で雷エフェクトが出る時があり、本来得る経験値の1.5倍を得ることになる。しかしながら経験値を得るためだけにあえて強化をする必要はない。
「強化」の有効な使い方として、同じ名前のモンスターを強化材料とすることでスキルレベルを上げれる点がある。 デビルモンという特殊なモンスターがあり、デビルモンはどのようなモンスターを強化してもスキルレベルを一つ上げてくれる。(このデビルモンは名誉ポイント180で毎週1回購入することができる)。

進化

「進化」をすると星が1つ増えて、能力値が上昇してレベルが1に戻る。「進化」の材料として、進化をさせるモンスターと同じ星のモンスターを、星の数分だけ用意する必要がある。
例えば、星2レベル20のモンスターの進化に必要な材料は、星2モンスターが2体である。
進化の材料はレベル1で揃えるようにした方が良い。また、進化のための特別なモンスターにエンジェルモンがあり、常に最大レベルの状態で召還され、進化以外の用途は皆無である。


星6 暴走のルーン レジェンド

ルーン

詳細はルーンのページで詳しく解説している。


形状変幻

「異界への道」パッチで新しく追加された機能。変幻石100個とマナ300,000を消費して建物の「形状変幻研究所」にてモンスターの容姿を変更することができる。
2016年4月1日に公式で「エイプリルフールサプライズイベント!」が催され、この日1日だけプレイヤーのモンスター達に形状変幻が適用された。これにより4月2日に変幻石(3,600円)を買い求める召喚士が後を絶たなかったという・・

モンスターの形状変幻

ホムンクルス

ホムンクルス

2016年9月7日の「3.0.2アップデート」で追加された新しい召喚システム。ストーリー上では異界ダンジョンが開き、混乱に陥るいくつかの召喚士にホムンクルスの使用が承認されたという。
モンスターの評価については火ホムンクルスの評価ページで確認できる。また、素材についてはホムンクルスの錬成制作のページで確認できる。


建設

プレイヤーが所有する島には召喚したモンスターが散歩しており建物を建設することができる。詳細は建設のページで詳しく解説している。


戦闘システム


バフとデバフ

バフは強化効果、デバフは弱体化効果のこと。
バフデバフがつくと火力が全然違う。バフもデバフもステータス次第だが、ダメージ量を1.5倍にする。詳細は別ページを作成予定。

巨人のダンジョンを攻略するバフPT

マップ

マップからどこで戦闘を行うか選択することができる。詳細はマップランキングのページで詳しく解説している。


アリーナ

ユーザー同士対戦を行う場所で、勝敗に関係なく名誉点数を獲得することができる。もちろん勝利した場合獲得するスコアが大きい。 毎週の評価に応じて様々な報酬が与えられる。ユーザ同士だけ戦うのではなくNPCも存在し、良い練習相手でもある。 NPCに勝利した場合、名誉スコア3と一緒にクリスタルを追加で受けとることができる。アリーナ攻略は大きく2つに分けることができる。「攻撃デッキ」と「防御デッキ」である。

攻撃デッキ

攻撃デッキは文字通り、相手を攻撃するデッキである。攻撃デッキの攻略は簡単である。相手の属性やモンスターに合わせて攻撃すればよい。 (また、相手がランキング100位以内のランカーならば、手持ちモンスターのルーン構成やステータスまで確認することができる。)
アリーナは基本的に防御が自動攻撃であり、攻撃者が手動であるため、攻撃側が防御側よりもはるかに有利である。
そのため、ルーンがある程度揃っていればそれほど恐れる必要はない。
だから戦略を立てるときは、勝てそうにない相手には挑まず、勝てそうな相手にはアタッカー/バフ/デバフ/ヒーラーの4者を意識して連れて行けば良い。

防御デッキ

防御デッキは攻撃デッキの反対である。防御するデッキを設けるものである。防御デッキを設ける方法は、召喚士の塔をタップした後、防衛ボタンを押すと防御デッキを組むすることができる。
リーダーも含めて合計4体でデッキを設ける。防御デッキはユーザの好みに応じていつでも変えることができる。もし攻撃者が自分を攻撃すると防御デッキが自動的に戦闘をする。
防御デッキが攻撃デッキに勝つにはとても難しい。防御デッキが攻撃デッキに勝つことができる場合は、ルーンの違いしかない。一般的には攻撃者は、自分の防御デッキの属性や星数は見て余裕で勝てると考えて入って来るのである。
防御デッキのルーンが攻撃デッキのルーンより優れていない以上は勝つのが難しい。
そのため、初心者のうちは防衛を放棄して、モンスターを一体だけ置きアリーナランクを意図的に下げて、攻撃のみに専念してアリーナポイントを多く獲得する戦法が有効である。


ゲームに登場するいくつかの問題点


「超越の召喚書」と星5の出現確率の問題

2016年12月22日のバッチにて「超越の召喚書」が追加された。価格はゲーム内で最大課金設定となる11,800円。 この召喚書を使うと確定で 純正星5 が召喚できる。 「サマナーズウォー」は本格重課金者向けゲーム「ハースストーン」を有に超える超超重課金ゲーでもある。

この「超越の召喚書」の登場以前では、いくらお金をたくさん入れても(100万円以上)純正星5モンスターが出てこないプレイヤーも数多くあり、1年を超えてプレイしても、やはり星5を見つけられなかった人も多い。 com2us側で公開した確率を見ると、星5が召喚できる確率は不思議召喚で1%未満、伝説の召喚書では、約7%程度の確率で召喚されるので、極悪だと言うことはできないが、厳しすぎるのは間違いない。

そこで救済手段としての「超越の召喚書」ではあるが、この召喚書で登場する 純正星5のモンスター は 火・水・風の3種類 × 全18種類(ホムンクルスを除く) = 54体 で、どれも強力なモンスターではあるが一部修正が必要なほど弱いモンスターもあり、どちらにせよこの金額設定は、ゲームへ支払う金額としては高すぎる。

また、 その他のパッケージを見ても課金最小額が大きすぎるのも問題だ。ほとんどは3,600円以上が基本であり、最大11,800円パッケージが販売されている。 しかし、課金をしても上記のような確率の問題のために、少ない金額では効果が全く実感できないのが現実である。
「超越の召喚書」の登場によってハードルは若干下がっているものの、課金の効果を実感するためには「数十〜百万円の投資をしなければならない」というのが各国の重課金ユーザーによる結論である。 もちろん、こうした多額の課金を続けているのは、金銭的にも時間的にも相当の余裕がある人物だけである。 そうでなければ家族や友人、同僚などの現実の人間関係に影響を及ぼすのは必至である。

つまり、通常の一般的なプレイヤーであるなら、変にたくさんの星5を夢見てお金を使わずに、代わりに毎日ログインをしてシナリオやダンジョンをたくさん回りクリスタルを地道に集める方が良いという事である。


その他・Tips・トリビア


ヘルパーのアイリン

最初に起動すると、ゲームについて説明するキャラクターが「アイリン」。その後もストーリーを進める役割をして、主にすることはプレイヤーの秘書。

NAVERのサマナーズウォー公式ページ管理者欄に「GMアイリン」の名前があり、開発者の実際の名前からキャラクター名を取っているようだ。

2.0.7のパッチではアイリンに新しい機能が追加され、島内を散歩しているアイリンをタップするとイベントのスケジュールやプレゼントを表示するようになった。3.0.2パッチで錬成制作により様々な衣装を制作できるようになった。開発者の特別な思い入れのあるキャラのようである。

ヘルパーとして登場するアイリン

星3の強いモンスター風リビングアーマー(コッパー)

星2・星3はいらない?

結論から言うと必要である。当サイトの「星2ランキング」「星3ランキング」をぜひみてほしい。
このランキング上位のモンスターは条件次第では純星5に勝つことのできる強力なモンスター達である。
育てるモンスターに迷ってしまったなら、当サイトで星5点以上の評価が付いている「星2」「星3」を育てて間違いない。